先日はひな祭りでした。女の子がいる家庭では、成長をお祝いした家庭も多くあったのではないでしょうか

我が家にも娘がいるので、お祝いをしました

IMG_6908

子供の成長を感じるとき、いつも私は自分の育児の妥当性を振り返ってしまいます。

子供を健やかに育てることができているのか

子供が意欲をもって何事にも取り組めるよう、イキイキ生きていけるように、褒める育児をしようと心がけてはいますが、

自身のコンディションによって、できていないことも多いです。

感情的になり、叱ってしまうこと。
注意してしまうこと。

まだまだ多くあります。


自分の子供に責任があるからこそ、こうなってほしい、ああなってほしいって、欲が出てしまうんですよね。

子どもが困ることが目に見えてるから、口うるさく、感情的になってしまう。


人の子には、すごく客観的になれるのになぁ。

冷静でいられるのになぁ。


我が子のこととなると、感情的になっちゃいます


褒めて育てる育児がしたい。

心構えだけはいっちょまえやけど、まだまだわたしは修行が必要です



とはいいつつも、子供へのアンテナはいつも張っています。


娘はおしゃべりさんなので、放っておいても、ペラペラなんでも喋ってくれるのですが、

息子さんは、どーでもいいことは、ペラペラ喋るのに、

困ってること、心に抱える深い闇については、隠してしまう傾向があります。

なので、手に触れる温度、ふとみせる表情にいつも気をかけて見ています…


今日。

学校から帰ってきてから、手に触れた息子の体温がいつもと違いました。

表情もいつもと違い、曇っていました。


予感的中で、話をしてみると、やはり何かあったらしい


話の内容に、私も一緒に混乱してしまって🌀

内容聞いても、安易にどうもこうも、してあげられる内容ではありませんでした…

何の解決にも導いてあげれない不甲斐なさ…

どうすればいいのか、分からなくなってしまいました



息子さん、明日に不安があるのか、1時間おきに起きてきます


どうしたらいいんだろう。
ほんとどうしてあげたらいいんだろう。

とりあえず迷うときは、何にもしない方がいいと思うので、具体案が浮かぶまでは動かないことにする


母さん、心がモヤモヤです

もーやだ。学期末にいつも、なにかと起きるわぁぁぁぁ。

平穏無事にすごしたい